完結済み神漫画おすすめ11選|絶対に読むべき最高で最強な作品はコレだ!

マンガ

面白い漫画が読みたい!

管理人
管理人

そんな時におすすめしたいのが”神漫画”と呼ばれる作品たちです!

神漫画とは時代を超えても愛される、最高に面白い漫画のことです。

バトルものや冒険もの、スポーツ漫画など、様々なジャンルに神漫画は存在します。

この記事では、様々なジャンルから厳選した11作品の神漫画を紹介していきます!

軍鶏

作者橋本以蔵原作・たなか亜希夫画
掲載雑誌漫画アクション(19巻まで)、イブニング(20巻以降)
連載期間1998年~2015年
コミックス巻数全34巻

この作品は原作者橋本以蔵と作画たなか亜希との間でひと悶着あったため一時連載が止まり、26巻以降はたなか亜希単独著書として連載が再開された作品です。

最後までひたすら面白いと言える神漫画で格闘漫画であり、アングラな作品です。

主人公の成嶋亮は優等生と言われるごく普通の高校生でしたが、両親を殺害し少年院に入ります。

親殺しという大罪を犯した亮は、少年院内でも激しいいじめに遭いますが、そんな亮が生きるために空手を身につけます。

肉体的だけでなく精神においても他人に殺されないため、生き抜くためという執着が“生”とはなんなのかを教えてくれます。

管理人
管理人

親殺しの成嶋亮が”ナルシマリョウ”として生き抜く人生という物語から最後まで目が離せません!

軍鶏あらすじ

両親を手にかけ、少年院に送られた亮は空手と出会ったことでこれ以上殺されない術を身に着けた。

2年間の少年院での生活を終えて外の世界に出た亮は、体を売る生活を送っていた中で生きる術としての空手ではなく、ショーとしての空手があることを知り・・・。

進撃の巨人

作者諫山創
掲載雑誌別冊少年マガジン
連載期間2009年~2021年
コミックス巻数全34巻

2022年9月時点でコミックスの累計発行部数が世界で1億1,000万部を突破しており、世界中で愛される作品です。

巨人がいる世界で、巨人を阻む壁の中で暮らす人類の様子を描いていますが、魔法要素などはなく、戦うための武器も実際に作ることが不可能ではないことからリアルを感じます。

そして謎多き巨人はそのヴィジュアルからかなり怖い!

かなり考え抜かれたストーリーで後半は人種的な話にもなってくるため、現実世界での人種差別や国同士の争いについても学べることがある深い作品です。

管理人
管理人

実はこれが諫山創先生の初連載作品ということが驚きです。

進撃の巨人あらすじ

巨人の出現により滅亡寸前まで追い込まれた人類は、壁を作ることで安寧の生活を手に入れていた。

しかしその安寧の日々もたった100年で崩壊してしまう。

壁を破壊して中へと入って来た巨人によってまた多くの命を奪われてしまった人類は・・・。

GANTZ(ガンツ)

作者奥浩哉
掲載雑誌週刊ヤングジャンプ
連載期間2000年~2013年
コミックス巻数全37巻

テレビアニメ化、実写映画化、フル3DCGアニメーション映画化、舞台化もされた超人気漫画で、2021年4月時点でのシリーズ累計発行部数は2,400万部を突破した奥浩哉の代表作です。

作者が「3D漫画」と称している通り、CGによる製作が中心となっています。

あまり見たことのないイラストは印象に残りやすいです。

ガンツから半ば強制的に課されるミッションの中で変わっていく主人公の心情がとても興味深く、見どころでもあります。

GANTZあらすじ

ある日、高校生の玄野計は正義感の強い幼なじみ加藤勝の善行に巻き込まれて電車にはねられてしまうが、2人の死体は消滅。

そして2人はマンションの一室に移動する。

そこには2人と同じように死んだはずの人間たちがいた。

部屋の中にあるガンツと呼ばれる球が、部屋に集められた人間に指示を出してきて一同はまた別の場所へ送られ・・・?

ゴールデンカムイ

作者野田サトル
掲載雑誌週刊ヤングジャンプ
連載期間2014年~2022年
コミックス巻数全31巻

実写映画化が決まっている漫画で、テレビアニメも2023年の時点で第4期まで制作されています。

明治末期の北海道を舞台にしたサバイバル漫画で、アイヌ民族についても深く触れています。

作者野田サトルと曽祖父が日露戦争に出兵した屯田兵であったという事実、本人が興味を轢かれた北海道に関する様々な題材を組み合わせ、入念な取材の末に描かれた作品です。

歴史、文化、サバイバル、グルメ、人情など様々な要素が入り混じった作品で、神漫画として今回最も推したい作品です。

ゴールデンカムイあらすじ

日露戦争終結後、戦死してしまった幼なじみの妻に眼の治療を受けさせるために砂金を探していた杉元佐一は、アイヌが隠した金塊の噂を聞いた。

酔っぱらい老人の与太話と思っていたら、話に出てきた金塊の場所を示す刺青を実際に見つけ噂が本当だと思い始める。

そんな矢先にヒグマに襲われた杉元は、助けてくれたアイヌの少女アシㇼパの父親が金塊を奪ったアイヌだと知り、真相を知るためにも行動を共にし金塊を探す旅に出る。

SLAM DUNK(スラムダンク)

作者井上雄彦
掲載雑誌週刊少年ジャンプ
連載期間1990年~1996年
コミックス巻数全31巻

バスケットボール漫画と言えばコレ!

2022年12月3日に日本で公開された新作アニメーション映画「THE FIRST SLAM DUNK」が世界的にも大ヒットし、2023年2月時点でシリーズ累計発行部数が世界で1億7,000万部を突破するなど、時代を越えて愛される作品です。

名セリフも多く、作品を知らない人でもセリフだけは知っている、という人も多くいるようです。

バスケットボール漫画としては確実に神漫画であり、ジャンルを問わず最強の作品です!

SLAM DUNKあらすじ

赤髪の不良少年桜木花道は自分をフッた女子がバスケ部の生徒を好きだったことからバスケが大嫌い!

しかし高校に入って出会った美女からバスケを進められたことでバスケ部への入部を決めた。

軽率な理由だったが、バスケ向きの体を持っている花道は、徐々にその才能を開花させていく!

ハイキュー!!

作者古舘春一
掲載雑誌週刊少年ジャンプ
連載期間2012年~2020年
コミックス巻数全45巻

実際に様々なバレーボール大会とコラボするほど、バレーボール界公認のバレーボール漫画です!

8月19日を正式に「ハイキュー!!の日」と日本記念協会に登録されているほど認知度が高い作品。

「ONEPIECE」や「HUNTER×HUNTER」に続く週刊少年ジャンプの人気作品でしたが、2020年に惜しまれつつ最終回を迎えました。

「ハイキュー!!FINAL」としてアニメ続編が劇場版二部作として制作されることが決まっています。

ハイキュー!!あらすじ

電気屋で売られていたテレビに映っていたのは、春高バレーで活躍する高校生たち。

その中でも自分と同じ低身長ながらコートの中で一際輝く「小さな巨人」に心を奪われた日向翔陽は、中学時代バレー部がないにも関わらずたった1人でバレーを始める。

そして高校は小さな巨人と同じ烏野高校。しかしそこにいたのは日向にとって忘れることもできない因縁の相手で!?

DEATH NOTE(デスノート)

作者大場つぐみ原作・小畑健作画
掲載雑誌週刊少年ジャンプ
連載期間2003年~2006年
コミックス巻数全13巻(本編12巻+短編集1巻)

連載終了後も映画、アニメ、小説、ミュージカル、ドラマなど様々なメディア化がされ、その人気が衰えていないことが分かります。

様々な評論家がこの作品に対した批評を行ったことや、世界的にも社会的な影響を与えたことから動画配信が禁止、また様々な規制がなされている国もあるほど過激な作品ですが、確実に面白い!

漫画と犯罪を繋げてしまうと様々なものが制限されてしまうため、切り離して考えてほしいところです。

DEATH NOTEあらすじ

優秀な高校生、夜神月はある日DEATH NOTEという真っ黒なノートを拾う。

ノートに名前を書かれたものは死ぬ、とルールが書かれたノートに半信半疑ながら犯罪者の名前を書いた月は、ノートが本物であると分かると世界中の犯罪者の粛清を始めた・・・。

ボボボーボ・ボーボボ

作者澤井啓夫
掲載雑誌週刊少年ジャンプ
連載期間2001年~2007年
コミックス巻数全28巻

この記事で紹介する作品の中では、唯一のギャグ漫画です。

ワケの分からない設定や技名など、かなり独特なセンスで振り切っている様が面白いです。

堂々と他の作品のパロディをしてくる部分など、暗黙の了解という言葉さえもぶち壊してくる作品はクセになること間違いなし。

管理人
管理人

全てを忘れて笑いたい時に全力でオススメしたい神漫画です!

ボボボーボ・ボーボボあらすじ

未来の地球ではマルハーゲ帝国の皇帝がその力を知らしめるために人類を丸坊主にしようとしていた。

そんな不条理を許すまじと立ち上がったのが鼻毛真拳の使い手、ボボボーボ・ボーボボ。

マルハーゲ帝国を倒すため、旅を続けるボーボボの前には数々の敵が現れる!

うしおととら

作者藤田和日郎
掲載雑誌週刊少年サンデー
連載期間1990年~1996年
コミックス巻数全33巻+外伝1巻

作者藤田和日郎の初連載作品であり、連載終了から約20年の時を経て2015年にテレビアニメ化されました。

週刊少年サンデー連載作品では唯一の受賞となる日本のメディア芸術100選マンガ部門選出など、文化庁にも芸術として評価された作品です。

藤田和日郎の独特なイラストによるバトルシーンなどは圧巻で、もはや感動してしまうほどの迫力があります。

うしおととらあらすじ

蒼月潮(うしお)は自宅の寺の蔵の中に貯蔵されている槍に縫い留められた大妖怪と出会う。

あまりに凶悪なことから触れずにいようとするうしおだったが、幼馴染が妖怪に襲われたことで槍の封印を解き、妖怪とらと共に戦うことを決めた。

からくりサーカス

作者藤田和日郎
掲載雑誌週刊少年サンデー
連載期間1997年~2006年
コミックス巻数全43巻

続いても藤田和日郎の作品を紹介します!

前作が妖怪だったのに対し、今作ではからくり人形がカギとなり、プロットの複雑化、バイオレンス描写とアクションシーンが前作を越える強烈さになったことに加え、恋愛要素も盛り込まれています。

戦闘シーンのおける繊細過ぎるイラストはうしおととらを越えますが、うしおととらとは全く別であるためどちらが上ともいえないほど、どちらも名作、神漫画です。

管理人
管理人

結論:藤田和日郎先生の作品は神漫画

プロローグから物語が2つに分かれ、最終的にふたたび2つの物語が交わることになる複雑な構成の作品は、漫画に対して新たな発見をさせてくれます!

からくりサーカスあらすじ

社長であった父親が死亡したことで莫大な遺産を相続した少年・才賀勝は親族から命を狙われてしまう。

そんな勝を守るために現れたのが拳法家の青年・加藤 鳴海と人形遣いの女性・しろがね。

サーカスに身を置くことになった勝は、徐々に自分の出自について知ることになる。

一方からくりとの戦いに出た鳴海は・・・?

金色のガッシュ!!

作者雷句誠
掲載雑誌週刊少年サンデー
連載期間2001年~2008年
コミックス巻数全33巻

2022年3月より続編「金色のガッシュ!!2」が電子書籍で配信開始となった「金色のガッシュ!!」もアニメ化された神漫画です。

トレーディングカードも大人気となり、作中に登場する“魔本”は様々な形で商品化されました。

劇場版アニメーションも2作品公開され、作者雷句誠の代表作となりました。

ガッシュの生い立ちや、様々な魔物との出会い、そして別れがあり、興奮するバトル漫画でありながら笑いあり感動ありの作品です。

金色のガッシュ!!あらすじ

頭がよすぎるあまり周囲になじめず、不登校になっていた中学生・高嶺清麿を心配した父親は、森で見つけたガッシュと名乗る少年に清麿を鍛え直してくれと頼む。

清麿の元へやって来たガッシュはなんと口から電撃を吐く魔物だった!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました